イントラレーシックとPRK

PRKの問題点

PRKの場合、フラップが存在しないため、手術後は治療用のコンタクトで患部の保護を行います。

 

この治療用のコンタクトは、角膜上皮が再生されるまでの間、装着していることになりますが、通常では3〜4日程度で外すことが出来ますが、再生が遅い場合は1週間程度装着している場合もあります。

 

PRKは角膜上皮を完全に再生させる為、眼球の強度を保つことが出来るとともに、通常のレーシックに比べ視界がクリアになります。

 

ただし、再生時に角膜上皮が混濁する場合があり、この症状は通常のレーシックでは殆ど発生しないことから、PRKのデメリットの一つにもなっています。

No Match Data!

最新ニュース

  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報

  •  
    HOME 「レーシック」の分類 イントラレーシック イントラの問題点 PRK PRKの問題点