イントラレーシックとPRK

PRK

PRKには大きく2つの方法があり、角膜上皮を予め除去してから、レーザーの照射を行うものと、角膜上皮ごとレーザーを照射してしまう方法です。

 

これらは、「どちらの方が良い」ということで意見が分かれるため、一概に甲乙を付けることはできません。

 

この2つの方法は、角膜上皮の除去法の違いであるため、その後の治療は同じ行程になります。

 

角膜上皮の除去が終わったのち、ボーマン層と角膜実質を削る作業になります。

 

この作業はエキシマレーザーで行われる為、予めプログラムされている深さなどに自動で削られます。

 

この治療が終わると、通常のレーシックではフラップを戻す作業になりますが、PRKの場合はフラップが存在しないため、治療用のコンタクトで患部の保護を行います。

最新ニュース

  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報

  •  
    HOME 「レーシック」の分類 イントラレーシック イントラの問題点 PRK PRKの問題点