イントラレーシックとPRK

イントラの問題点

ケラトームレーシックでは、角膜の切り口が斜めになることによる問題点が発生してしまいますが、イントラレーシックでは、レーザーによる切り取りの為、切り口を垂直にすることが可能になります。

 

その為、フラップを戻した後に段差が生じることが無く、なめらかな表面のまま吸着します。それにより、瞬きなどによるフラップのズレやシワなどが極めて起こりにくい方法になります。

 

ただし、問題点ではありませんが、イントラレーシックはケラトームレーシックとは異なり近年になって導入された方法である為、ケラトームレーシックに比べ、実績が少なく、今後、問題点が発見される可能性もあります。

最新ニュース

  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報

  •  
    HOME 「レーシック」の分類 イントラレーシック イントラの問題点 PRK PRKの問題点