イントラレーシックとPRK

「レーシック」の分類

人の目の角膜は、角膜上皮、ボーマン層、角膜実質などの5層から成り立っています。

 

レーシックを大きく分けると角膜実質で切れ込みを入れる「ケラトームレーシック」「イントラレーシック」と、角膜上皮のみに切れ込みを入れてボーマン層ごとレーザーを照射する「エピレーシック」「ラセック」などに分けられます。

 

一般的には、これらのレーザーを使った視力矯正手術を「レーシック」と言いますが、学者や医師によっては前者のみを「レーシック」としている場合もあります。

 

PRKは、レーザーを使い角膜の厚さを調整することで視力矯正を行う為、一般的には「レーシック」に分類されますが、“フラップを作らない”という意味において「レーシック」と分類されないこともあります。

最新ニュース

  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報

  •  
    HOME 「レーシック」の分類 イントラレーシック イントラの問題点 PRK PRKの問題点